世界の笑いもの 日本は空母を作らないんですか

世界の笑いもの 日本は空母を作らないんですか。そこまでの予算かけて空母作るより、先に予算使って買いたい兵器がいくらもあるので優先順位は低いです空母自体は艦載機がないと戦力にはなりませんが、艦載機、つまり戦闘機の数自体が足りないので空母にまで回す余裕がありません。日本は空母を作らないんですか 改造ではなく 日本は空母を作らないんですかの画像をすべて見る。日本海軍はなぜ大和を建造したのか:時事ドットコム。日本は第1次世界大戦に参戦はしたものの。中国大陸のドイツ租借地攻略など
限定的な戦闘を行っただけで。長期消耗戦がどんなものかを理解せず。大国を
相手に宣戦布告すれば。総力戦。長期消耗戦にならざるを得ないことは。知識
として来年にも4隻体制に。「ひゅうが型」「いずも型」によって来年にも。日本の空母は隻体制になります
。そして戦闘機搭載も議論される日本の空母は今後。どうなっていくのでしょ
うか。うさぴさん。外国人が作った日本国憲法に何の意味があるんですか?
艦上機はさんのおっしゃるように発着艦装備がないのでまず無理ですし垂直
離着陸戦闘機は最上甲板の素材がジェットの熱と圧力に耐えられ

世界の笑いもの。月日に閣議決定され。来年度改定される日本防衛の指針『防衛計画の大綱
大綱』に盛り込まれた「空母保有」がうーん???普通に万トン級空母
作らないか?隻作って沖縄に交代で配置すれば沖縄の基地問題が解消できると
思うんだが。んで。結局どういう運用するのという話に過ぎない。軍事ワールド「攻撃型空母」は日本に誕生するか。今後5年間で少なくとも「いずも」型の1隻に対し。F-35Bの排気熱に対応
する甲板の耐熱化や補強。航空機整備施設の設置などを行う方針だ。 だが。日本
は憲法の制約上。「攻撃型空母」の保有は認められないとして自衛隊が悲願の空母を「急ぐ理由」と「浮かぶ疑問」半田。空母保有は。世界で最も早い段階で空母を使い始めた旧日本海軍の「末裔」を
自認する海上自衛隊にとって。積年の夢でもそれでも防衛省が空母保有の検討
を始めたのは。自衛隊が憲法に明記され。事実上の軍隊となるかもしれない未来

「いずも」空母化で。――ちなみにアメリカは。隻の原子力空母を保有していますが。日本が原子力
空母を持つべきでしょうか。 河 原子力空母の建造には。一切手をつけていない
ので。かなり時間がかかるでしょう。アメリカから世界一流の造船技術を持つ日本。中国メディアは。「日本は第2次世界大戦の時には米軍と肩を並べるほどの空母
艦隊だって保有していた国だ」として。日本が空母などを簡単に作ってしまうの
ではないかと警戒している。イメージ写真提供。123RF

そこまでの予算かけて空母作るより、先に予算使って買いたい兵器がいくらもあるので優先順位は低いです空母自体は艦載機がないと戦力にはなりませんが、艦載機、つまり戦闘機の数自体が足りないので空母にまで回す余裕がありません。たとえ防衛費が数兆円増やせても、最適な使い方を考えるならまるまる戦闘機の増備、一部を人件費やイージス艦の増備くらいが空母より先に来るでしょう海自は不人気で万年人手不足ですから、航空機搭載の大型艦を建造すると乗組員を確保するために通常の護衛艦を減らす必要があり、そうすると艦長ポストが減るので現場から反対されるでしょう。2040年くらいまで待たされますが、「ひゅうが」の後継艦は最初から空母ですよ。でもカタパルトを備えるような本格的な空母ではないです。まあ、これも微妙ですけどね。電磁カタパルトであれば、E-2Dなど一部の機体だけを運用するために採用しないとも限らないんで。でも本格的なカタパルト運用はあり得ないんで、CTOL戦闘機を常用する空母は作らないでしょうね。フランスもシャルル?ド?ゴールの後継艦はSTOVL機を載せると思いますよ。フランスが原子力空母を採用したのは、遠洋での利用を想定したからではありません。もちろん遠洋での利用も考えています。だから空母が欲しいんですから。でもそれはCTOL機を運用する原子力空母を採用した理由にはなりません。原子力空母を採用したのは、単純にシャルル?ド?ゴールを採用した2000年頃は、実質的にCTOL機しか選択肢が無かったからです。イギリスのクイーン?エリザベスも、排水量は6万tを超えているのにF-35Bを載せますよね。アメリカもニミッツ級の後継艦はとりあえず従来と同じコンセプトで作りましたけど、それはあれだけ大規模に原子力空母を持っている国だけにこれまでの戦力構想を劇的に変えることになるのを避けただけで、そのうちSTOVL機を運用する通常型空母にシフトしていくでしょう。その可能性が高い。だから「ひゅうが」の後継艦がクイーン?エリザベスみたいになる可能性は高いと思います。いきなり6万tはないと思うけど。まあ、3万t。どれくらいアメリカ空母の艦載機のサポートを考慮するか次第ですけど、4万tもありうるかな。私が興味を持つのが、「おおすみ」の後継艦。強襲揚陸艦で作るのか。「おおすみ」と同じドック型揚陸艦として作るのか。各国が通常型空母への回帰するのは、F-35Bという優秀なSTOVL機が登場したから。すると強襲揚陸艦だって十分空母の代用になります。「ひゅうが」の後継艦が出て来るのはまだまだ先なんで、そうすると「おおすみ」の後継艦を強襲揚陸艦で作って、それまで不足する艦隊航空戦力を補完するというのはありえますね。でも一方で水陸両用作戦に関して自衛隊が欲しがっているのは輸送能力そのものなんで、「おおすみ」の後継艦を強襲揚陸艦にグレードアップする予算があるんだったら、地味でも泥臭くたくさん運べる普通の輸送艦をたくさん作ってくれという話になる可能性もあります。どっちに転ぶんでしょうね。最も大きな要因は政治的な「日本弱体論」ですな。日本の政治家には日本のため、日本国民のためではなくなぜか某国のために一生懸命血税を使って反日工作をしている政治家が沢山います。そういった人たちが日本の国防を骨抜きにしています。航空機の空中給油もできるようになったのはごく最近ですよ。日本みたいに広大な領海を持っているなら、空中給油は必須だったにも関わらずです。今でも中国や朝鮮半島の脅威が目の前にあるにも関わらず防衛費を削れとかいうバカが国会にもたくさんいる。カタパルトがどうのとか技術的なことを言っている人がいるが、そんなものは予算組んで開発すればできること。できないのはなくやらないからないだけです。つくりません、改造して空母の能力を有します。空母型護衛艦です、最新鋭のF35Bを常時8~10機程度搭載できますので、イタリアやイギリスの戦闘態勢と同じ能力が加味されます、もちろんイギリスのクイーンエリザベス級からすれば、搭載能力は劣りますが、あちらは2隻体制で、遠洋進出が目的です、我が国は本土防衛ですので、軽空母で充分な能力が発揮できます、何故かと言いますと沿岸警備においてであるからです、沿岸の周囲を仮想敵から守るために分散して配置しなければなりませんので4か所の拠点に1隻づつ空母を配備する計画が実行されています、そう言う意味でカタパルトのある、フランスやアメリカの攻撃型空母は日本には必要なく現存の空母型護衛艦で充分な抑止力になります、オリジナルのカタパルトの技術ないから、ジャンプ台式になるよ。電磁式はイギリスだし。まずもって予算がありません。比較的小型な軽空母でも、少なく見積もっても3千億円はかかります。イージス艦数隻分の価格ですね更にここから艦載機1機100億円以上、そして作ったら作ったで今度は毎年空母と艦載機の維持費がかかってきます毎年数百億円はかかるこれらの事を考慮すると「そんな金はない」と言うのが現状。現在中国が空母建造に邁進していますが、それが可能なのは毎年莫大な軍事費を投じているため。日本の5倍にあたる25兆円前後も突っ込んでるのです。今の状況ではとても無理です。かつてのように軍事大国に戻らない限り、空母は自国で作れないでしょう。予算と技術が無いので作りません。いずも型のような「スキージャンプ式」では、艦載機が重武装が出来ず、役に立ちませんので???。現在、米海軍しか「空母と言える空母」は持っていません。対戦前はよく製造してましたよ?特に日露戦争やらのころに何処だが?中国かなんかで賠償金三千万やら貰えてそれで軍艦作りまくりで?製鉄所も輸入だけでなく作る出来なければとかどれだけ軍にかけたかここの国での歴史では?

  • 生活保護受給者は法定免除 社会保険入った場合全額免除の件
  • 東名夫婦死亡事故 あおり運転よる裁判話題なってますぶっち
  • 住宅ローン審査の基準と落とされる理由 弁済すれば可能性低
  • タロット占い タロットの占いで復縁できるかどうか占うこで
  • 予算2,000円 忘年会のプレゼント交換のプレゼントで悩
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です