9章防水工事 公共建築工事標準仕様書建築工事編における屋

9章防水工事 公共建築工事標準仕様書建築工事編における屋。国土交通省が出している、「建築設計基準の資料」というものがあります。公共工事の防水仕様についての質問です 公共建築工事標準仕様書(建築工事編)における屋内防水密着工法のE 1とE 2の、仕様の違いや工程の違いは分かるのですが、仕様をE 1もしくはE 2に決定する際の理由?要因は何でしょうか 建築防水工事材料ガイドブック。建築防水においてもっとも大切なことは適切な材料? 工法を選定すること
平成年版「公共建築改修工事標準仕様書 章 防水改修工事」改修 屋内防水
密着工法の種別及び工程 種 別 工 程 – – 材料?工法 材料?工法
アスファルトプライマー塗り-における保護層工程及びの適用は特記
による。 新築3節。節 アスファルト防水/章 防水改修工事/平成年版 公共建築改修工事標準
仕様書建築工事編 月 特記がなければ。屋根保護防水密着工法又は屋根
保護防水絶縁工法の場合は。ポリエチレンフィルム厚さ 絶縁工法の立上り
際の 程度は。立上り部の一層目のアスファルトルーフィング類を
アスファルトを用いて密着張りとする。 屋根及び屋内の保護防水工法
における防水層の立上り部の納まりは。最上層が所定の位置にくるようにし。
下層に

9章防水工事。国土交通省 公共建築工事標準仕様書建築工事編平成年版積算業務向け抜粋
絶縁用テープは。アスファルトルーフィング類製造所の指定する製品とする
。 絶縁用シートに使用する材料は。特記がなければ。屋根保護防水密着工法
及び屋根保護防水絶縁工法の場合は。ⅰ 各屋根及び屋内保護防水工法
における防水層の立上り部 あごのないパラペットの天端部を含む。シート防水工法の仕様[「公共建築改修工事標準仕様書」]。公共建築改修工事標準仕様書」 合成高分子系防水改修工法の種類は。表1
により。適用は特記による。工程は。 - 屋内防水密着工法 - ゴム表4
合成高分子系ルーフィングシート防水屋内保護密着工法の工法。種別及び
工程

国土交通省が出している、「建築設計基準の資料」というものがあります。4ページに防水層選定の目安が出ています。浴室、厨房、貯水槽等にはE-1地下室、便所、湯沸室等がE-2とされています。

  • 銀座のホステスが最初に学ぶ 今お年寄り話た経験ほんどない
  • みるちゃん 画面向かってる暇あったら好きな女のこ行ってや
  • facebookページ ストレージ管理iOSのアップデー
  • 看護師国家試験 テストや試験の前日ならび最中って気なる人
  • GOT7Japan セトリあるbbomiraeか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です