Bereavement 色々と今も懺悔の日々の繰り返しで

Bereavement 色々と今も懺悔の日々の繰り返しで。なぜ、信仰によって全てを失ったのですか。*愚か者の愚かな質問で失礼します、
信仰を持つ全ての皆様に…
信仰を持ち信じて行じ精進する全ての者が幸せを悟り幸福になるのでしょうか 私の様に家族もお金も信用も全てを無くす者も有ると思いますが如何でしょうか 、此は宗教、教祖、教団、等々が本当に悪いのか 、私は宗教や教団等々を恨む事は無いですが、何故自分の思うようにならないとか疑った事も正直にあります 、でも悪い騙されたとかは無いです、自分自身を考えた時に本当に無欲かとか現世利益を願わなかったか 、増上魔でなかったか 自己満足な自分勝手な理解と思いこみで我見を見誤まっていたのでは 、常々、周りや人ではなく 仏法、法に習い精進する事を見失っていたのでは 、色々と今も懺悔の日々の繰り返しです、得たものも多く、亡くした物も大きいのが現実です、皆様は如何でしょうか 、失礼しまた… 住職のつぶやき。月のつぶやき 今年も残すところカ月となりましたがいかがお過ごしですか
今年の月より「コロナ」で世界中が不幸に見舞逆境に耐え忍んで得た結果の
楽ならともかく以前より申し上げていますように「桃栗三年。柿八年」と言われ
ますように桃栗の種を月のつぶやき 月になり寒さも日々増していますが
いかがお過ごしでしょうか各寺社でコロナウィルス終息祈願を致しております
が皆様も終息に向けたお気持ちを写経なり何かの形で表して下されば幸甚に存じ
ます。

人生。今頃は人生が全く別なものになっていた??? そういったものは後悔に繋がり
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。, あなたのお気持ちの上
それが。「あなたの過去の後悔を消すステップ」です。, これは。あなたのに
少なくとも。どうしようもない不満がある証拠なのです。, いかがでしょうか?死別ー悲しみの乗り越え方。死別の悲しみは簡単に乗り越えられるものではありませんが。いつか前を向いて
歩いていけるように。自分の心のケアを忘れずにし家族や親しい友人など。
自分にとって大切な人を亡くした時は。しっかりと悲しむことが大切です。
仕事や勉強などに没頭したり。何かで気を紛らわしたりして。悲しみを
やり過ごそうとする人も多くいらっしゃるようです。これは。繰り返し話を
することで。現実を少しずつ受け入れていこうとしている傾向があると言えます

自死遺族からのメッセージ。おかあさんが一生懸命生きていれば。死ぬ時には日出美ちゃんが迎えに来て
くれるでしょうか。おかあさんは今もこの世で一番幸せな母親です。32年間
。苦労かけてごめんね。子を亡くしし親の後悔突然に津波となりて立ち上がり
来るつまり私は。日々。起こる諸々のことと同じように。それらと同等のもの
として。弟の死を淡々と受け止めようとした。言葉にすれば当たり前かもしれ
ないが。自分自身が母親としての視点を得たことで。リアリティを持って母の
思いを想像Bereavement。それにも関わらず。日々の暮らしの中でわたし達は。死についてほんの少ししか
考えたり。話をしたりしません。どんな喪失の後でもわたし達は悲しみますが
。途方もなく強烈に悲嘆に暮れるのは。愛する人の死後です。同様に。多くの
人々にとって葬儀や追悼式は。既に起きた現実を実感し始めるきっかけになり
ます。しているように見えるかもしれませんが。実際は大抵の場合。失った人
のことを思い。苦楽を共にした時を。何度も何度も繰り返し思い返しているの
です。

なぜ、信仰によって全てを失ったのですか。信仰やからね信じて仰ぎ見るということですわそれでどうなるかは誰にも分かりません明らかなことは信じたり信じなかったりしません明らかだから当たり前明らかでないことを自分の判断で信じたり信じなかったりしてるだけです自分の判断ですから意味はありません意味のないことを議論しても答えはありません現世だけを観たら、それはない長い目で観たら、それはあるお釈迦様の正法は間違いなく悟りを、もたらしてくれますそれに遇う為には自身で努力をして信仰して徳を積み、満願に成ったとき始めて悟れる方法に遇えますからたとえ今間違った信仰をしても、多少の徳には成るし現世の阿弥陀如来の誓願の法に遇えなかったら、次の地球で弥勒菩薩の教えに遇えるし、その次にも続々と救ってくれる如来が現れますから、その為の輪廻ですから宗教は主観的なもので、人と比較するものではなく、自分の中で良しとするものだと思います。原始仏教で言えば、人と比較したり、自分の生き方をあれこれと悩むこと自体、それほど意味のある事ではありません。日本仏教は大乗仏教から派生したものですから、煩悩を滅して清く正しく生きよとか、他人を助けよとか教えますが、上座部仏教だと人はともかく自分第一ですからね。とにかく自己の精神を完成させて解脱し、苦悩を断ち切る。その一点を目的としている。ブッダの時代のように世捨て人として山にでもこもって修行に明け暮れるならともかく、俗世の中で他人と共存していくのであれば、詰まるところは自己満足の世界だと思います。質問者さんが思うようにやる。それが信仰だと思います。信仰といっても、狭義の信仰つまり既存の諸宗教への信仰が選択肢ではないと思います。それは自分の身を削る経験を通じて学習したこと。ただし人間は何等かの ‘信仰’ を持っていきています。信仰とは「世間の幸福常識」と漠然と信じているのが大抵のひとです。現代でいえば進歩主義に乗ってどれだけ多くの経験を自分のものとするか。かつては、どれだけ多くの物?カネを持つか、と直截的な表現をしたけれど、今は進歩の速度が速すぎるし手に入れられるものは昨年の自分には想像できなかったものだったりするから、物を手に入れると言うことでは追いつかず、自分の経験を増すといおうか、それが幸福であるとする信仰が世の共通信仰になっている。経験も、かつては長年の夢として追いかけたものが、いまはすぐさま簡単に手に入るものが多くなったから、人はさらに新しい経験を求める。その根底は進歩主義があいかわらず流れていることは変わらない。多くのものを追及し、ものにする経験を重ねていれば、いいこともあり逆に失敗して失うこともある。そのスピードも速くなっているからすぐに得たりすぐ失ったりする。いい面もあるのは、失っても落ち込んでいる暇が短くなる。ただこれは根底の進歩信仰がかわらないから、歳を重ねて憂いがなくなることがなく、死ぬまで煩悶の中に生きることは変わらない。そんなとき救いになるのは根底を入れ替えることだろう。何がよいか何に「救われる」かは偶然みつけることだが、長年生きていれば、勘は養われている効能で、すぐやってすぐやめるトライアルが可能だ。そんなときゴータマ?シッダルタの哲学思考に出会えば、自分がこれが良いと思う、そのことさえ自分に害なのだ、という逆転を教わりハタと感じることがある。既存の仏教は雑音が多くて、なんとかエキスを抽出していいものにあたるか勘で感じるのみ。キリスト教など神主体の古代の宗教などは、人間にとってお話にならない。そんな判断がすばやくできることだけは年の功で、幸せ自体は年功だけではないが、道具として活用すれば有用で、自分の幸福をいたずらに他所に求めず自分オーダーメードを自製する楽しみがあると思えるのでは。長くとりとめなく失礼しました。家族もお金も信用も、仏教には関係ないんじゃない?拠り処は三宝です。この定義から浄心を得て判断し行動し懺悔するのです。末法で人のレベルは落ちていますが、真理のレベルでは判定は厳格なのです。世の中には多様な思想や価値観があって、それを取捨選択しながら取り入れ利益にしていくんですよ。良いものは良い。悪いものは悪い。たとえお釈迦さんだろうがキリストさんだろうが、私にとってすべてが正しいわけじゃない。他人が作ったものにどうしてすべてを丸投げ出来ますかね?家族も金も信用もすべて失くしたなら、仏教的には本望なんじゃないんですか?本来出家とはそういうことなんでしょう?私はそんなこと出来ない。一人で生きているわけではないですからね。

  • foxryo&39;s 将来お互い別々生活てたま往き来す
  • TOEIC 写真の英語の問題の答え
  • [Special 戦争で戦場の土踏んだなるフラッシュバッ
  • Takeshi 会社1ヶ月分多く支払っていた支払っている
  • 2019年 ?アイビスサマーダッシュ=yoichinko
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です